東京大学大学院医学系研究科東京大学大学院医学系研究科 MENU SP

お知らせ

News

2024.06.21 NEWS

モイ教授がIAEAの要請を受け『オマーン』へ派遣されました / IAEA mission to the Sultanate of Oman on the Integration of Viral Disease Surveillance for Public Health & Animal Health

当教室のモイ メンリン教授が、国際原子力機関(以下、IAEA)オーストリア本部から要請を受けて、2024年6月2日から6月6日までの日程で『人獣共通感染症対策事業支援』のために、IAEA感染症専門家としてオマーンへ派遣されました。
なおオマーン訪日団御一行は、IAEAの支援により2023年11月20日から来日。モイ教授らとの意見交換や、国立感染症研究所、国立国際医療研究センターなどへの視察等を実施しています。

IAEAの原子力の平和的利用は、世界の人々にクリーンエネルギーを届け、生産性向上などの持続可能な開発目標(SDGs)達成に貢献する重要な柱です。しかしCOVID-19の世界的流行においては、世界の人々が一体となり問題を解決する、グローバルレベルでの対応が人類に課せられました。グロッシーIAEA事務局長が推進するZODIAC(統合的人畜共通感染症行動)、マリー・キュリー奨学金などは、IAEAが国際社会で新たな価値を高めるものであり、日本政府も関心を持って支持している取り組みです。

今回のミッションは、国際保健学(グローバルヘルス)の立場から、感染症専門家のモイ教授らが、オマーンの保健省や農水省などの政府機関、主要な医療・研究機関に対し、人獣共通感染症対策を円滑に推進するにあたり必要となる医学・公衆衛生学などの専門的・技術的な事項についてタスクの構築、提言等をおこないました。

ミッションと成果:
・オマーンの保健省、農水省、主要な医療・研究機関などを視察し、保健省長官、農水省副大臣、政府職員、オマーンを代表する各専門家等との意見交換をもとに感染症対策の政策における課題抽出をおこなった。
・今後の実施にむけて、関係する国・地方の行政機関等の横断的に取り組んでいくためのフレームワーク、人獣共通感染症対策ステアリングコミッティ、タスクフォースの導入をまとめた。
・オマーン関係各所が、それぞれの課題およびタスクを明示的に認識し、課題抽出や対策を導き出すため、専門家からノウハウ取得など重要な機会となった。
・オマーンの保健省を中心に人獣共通感染症サーベイランスと対策強化のための新たな多機関連携の取り組みを考案し、オマーン閣僚評議会をあげて取り組むことになった。
・今回のサーベイランスと連携強化の枠組みは、オマーン国内での国際保健のありかた、感染症の危機管理への対応能力の強化に結びついていくことが期待される。

今回の訪問につきまして、国立国際医療研究センターの大曲貴夫先生、石金正裕先生、松澤幸正先生のサポートに対し感謝を申し上げます。

===================================================
In June 2-6, 2024, the IAEA assembled a team of experts including Dr. Moi Meng Ling which traveled to Muscat, Oman for on-site observations and meetings to review and support the development and establishment of an Integrated Viral Disease Monitoring and Surveillance Program.
In 20 November 2023, with the support of IAEA, the government of Oman sent a team of experts to Japan for a 2-week technical visitation to observe first-hand on public and animal health surveillance programs and activities to support the establishment of the National Program.

IAEA is the world’s foremost forum for scientific and technical cooperation in the peaceful use of nuclear technology, contributing to the international peace and security and UN’s Sustainable Goals (SDGs). Further to IAEA’s COVID-19 response, the Zoonotic Disease Integrated Action (ZODIAC) ZODIAC to further strengthen the preparedness and capability of Member States to rapidly detect and timely respond to disease outbreaks.

To conduct this, Moi together with the IAEA expert team conducted obsevations and site visits at Ministry of Health (MoH), the Ministry of Agriculture, Fisheries and Water Resources (MoAWF), public and animal health research institutions at respective ministries.
The mission report summarizes the findings from the technical visits and round table discussions between the government of Oman experts and the IAEA mission team.

Mission Goals & Output:
・Site visitations at Oman MoH, MoAWF, health institutions and research facilities, discussions with MoH Undersecretary of Health Affairs, MoAWF Undersecretary, MoH Director General of Center for Disease Control and Prevention and experts in Oman to witness on the strengths and challenges
・Provision of a set of recommendations to major stakeholders in Oman, with a cross-sectoral steering committee and task force, to foster and strengthen cross-sector involvement for sustainable efforts in viral disease surveillance for human and animal health
・Proposal of cross-sectoral committee to further develop recommendations and coordinate to formalize framework at highest level of decision-making.
・The mission is expected to support an IAEA member state, the Sultanate of Oman, for the development and establishment of an Integrated Viral Disease Monitoring and Surveillance Program.

 

アーマッド ナセル アブドゥラ アルバカリ・オマーン農水省副大臣(H.E. Dr. Ahmed Nasser Abdullah Al-Bakri) 、政府職員、オマーンを代表する各専門家との意見交換. 2024年6月5日.
Round table discussion with H.E. Dr. Ahmed Nasser Abdullah Al-Bakri, Undersecretary of the Ministry for Agriculture, and experts in MoAWF, Oman. June 5, 2024.

 

保健省長官、農水省長官、政府職員、オマーンを代表する各専門家の皆様. 2024年6月6日
Cross-ministrial meeting and wrap up, MoAWF, Oman. June 6, 2024.

This mission was also supported by Drs. Norio Ohmagari, Masahiro Ishikane and, Yukimasa Matsuzawa of the National Center for Global Health and Medicine (NCGM).

東京大学公式サイトの本記事はこちら
東京大学公式Xの本記事はこちら
University of Tokyo uTokyo FOCUS article site